あなたの成功を238倍加速するニュースレター:情報商材は出版物です。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

あなたの成功を238倍加速するニュースレター:情報商材は出版物です。

もちろん、ソフトウェア、ツールを開発して、それを事業の源泉、原資として、

起業する人もいます。ですので、情報商材は、本(電子書籍)とは限りません。

ただ、出版publicationという言葉は、

音楽(いまなら、CDなど)、DVD(かつてのビデオ)などのリリースを含む言葉ですから、ソフトウェアの販売も、広い意味じゃ出版です。

なんにせよ、出版publicationというのは、「何かを公にして広くその価値を世に問う」というのがもともとの意味です。「情報起業」と呼ばれているものも、その原資となる商品の開発リリースは、多かれ少なかれ、出版業に近い性格を持っていることは、確かなんです。

ついでに言っておくと、アフィリエイトというのは、その意味では、出版社の販促、広報宣伝部や営業部隊の仕事の一部に相当します。

出版社の編集部は言うまでもなく、営業マンは、自社の商品である本をざっとは読んで、書店をまわり、足を使って仕入れをプロモートしていきます。

「読んで売る」というスタイルです。

実は、このスタイルに、あなたの収入や、自分で稼ぐ力を強く大きくする秘密があったのです!



特に稼ぐ系ノウハウ情報商材のアフィリエイトはすごく近いものがあります。

「読んで売る」というスタイル

出版社の営業が扱う本は、セールスノウハウとは限りませんが、セールストークのために読んだ自社の本で、何かを学び、それがその営業マンの生きた知識になり、何かの役に立ったということは、よくあることです。

稼ぐ系情報商材のアフィリエイトは、ネットでのビジネスの仕方、キャッシュポイントの作り方を、仕入れた(購入した)商材(教材)=電子書籍で学びながら、そのノウハウを使って、その教材が売れるようにしていくということからスタートする場合が多いです。購入しないで、アフィリリンクだけ取得して、ぺたぺた貼ってる人がいますが、それじゃ稼ぐ系は、売れません。
「これいいです!」、「買いです!」って意味のわからないコメント添えるのも同じこと。
犬の遠吠えですよw

なぜこんな話をしているのかというと、最近、PLC主催者で「一劇筆札」などのプロデュースでも知られる松宮義仁氏の裏メルマガに、出版のもともとの意味を思い出させるような重要なことが書かれていたからです。それが、稼ぐ力、事業力にもつながるって話です。

キーワードはシンプルマッピングです。いきなり、なんなんだ!w

そのさわりだけは、まぐまぐの表メルマガでも読めるんですが、
一言で言っておくと、

シンプルマッピングは一種の「ノート術」なんですね。

でそれが、なんでそのノートが、出版なのさ? わけわかんないですねw

いやいや、関係大ありなんです。ノートは情報商材を含む、

パブリケーションの「前哨戦」だからです。ますますわかりません(爆)

例を挙げます。たとえば、

最近、いわゆるネット起業家とされる人々の、
リアル出版が盛んになっていますが、

商人から観ると、せっかくネットマーケの技術にたけている、
もしくはそういう優れたスタッフを抱えているにも関わらず、
ネットとリアルのダイナミックな相乗効果を実現するような、
アッと驚くようなアイデアには、まったくお目にかかれないでいます。

よく見かけるにようになった、ネット上での「○○発売記念キャンペーン」とかは、

まあちょっと気の利いた出版社なら、

自社のマーケティング部隊が、やってもおかしくない、
フツーにやれそうなことに思うかもしれなですが、

本の在庫量はアマゾンがダントツでも、本の販売部数は、

圧倒的にリアル本屋さんからのほうが多いという、

本・雑誌市場の現実があります。

ネットユーザ向けのキャンペーンは、やっぱたった1冊の単行本については、やりにくいわけです。予算的に。それもあって、単行本一冊ずつのウェブキャンペーンには、版元はあまりというか、ほとんど手をつけることができません。各出版社の公式サイトで、フィーチャーするとか、そういうことはあってもね。テレビのCMは、たまにやりますが。よほど旬のもの、すでにベストセラー、ロングセラーの定評あるものの続編とか、そういう強いセールスが見込める場合に限られます(ちなみにこの方は、本を扱うテレビCMにかけては、おそらく日本一の作者です)。

本や雑誌の出版というのは、薄利多売のビジネスです。

情報商材とは大違いです(爆)。加えて、

ネットがどんなに普及しても、本のマーケットの主戦場は、

相変わらず、リアル本屋さんなんです。

そういうわけで(どういうわけ?)、
あっと驚くアイデアが見あたらない理由は簡単です。

「ノート、していない」のです。

ブランディングと、ネット商品への誘導くらいしかアタマにない人が
多いんでしょうね。

証拠に、ぱっと出ては、消えていく本が、ほとんどです。これじゃ、
ブランディングどころか、
しょぼい印象が残って逆効果です。本の著者というと、オーソリティとして、

社会的に認知されますが、それはほんとに読まれる本を出し、そして読み継がれていくこと

同種のテーマで切り口の違う本を、複数連打できる力があること

これが条件です。最近の例で言えば、この条件を満たしているのは、

勝間和代さんとか、本田直之さんとか、
まあ、指折り数えるくらいしかいないんです。

本を一冊や二冊出した程度で、それでブランディングなんて、
甘過ぎますから。

ネットがダメならリアルがあるさ、なんてニオイがちょっとでもしたらダメです。

「ネットも、リアルも」で、いきましょう。

川島和正氏の本が、一年近く売れ続けているようですが、もうそろそろ終わりでしょうw

なので、2作目出しましたね。売れ続けたからとも言えるし、行列のできるラーメン屋に、

テレビ取材のカメラを入れるのと同じで、客足が減ったと見ると、新規開店キャンペーンをやるって手法もあるんです。まさに、起死回生ですね(爆)。

まあ、2作目の本のテーマは、いま旬な、「勉強法」。

このへんは、さすがと言っておきましょう。ただ、

ネットで買った人は、特典が目当てだったり、肝心の本はほとんど読まれてなかったり、

それじゃ出版publicationとは、言えないわけです。

真にネットとリアルをガチで相互作用させ、そこに鬼凄い相互増幅効果をもたらすのは、

前哨戦としての、「ノート」です。

文庫本サイズのノート、105円^^


これがないと、たんなるウェブ上の、瞬間湯沸かし的キャンペーンに終わってしまいます。

プロダクトアウトされたモノとしての本を、ネットを使って販促して終わり。

もったいないです。

これまで、誰もやったことのない、「手前の」ノート術。

これが、松宮さんのところでは、動き始めているようです。

いったい何が起きているのか?

その秘密は、いま氏の裏メルマガ

あなたの成功を238倍加速するニュースレター」で、読むことができます。

(今のところは無料で読めます^^)。

商人のわけわかんない記事と違って、さすがシンプルに、その秘密が明かされています。

あのレオナルド・ダヴィンチの手稿(ノート)。これがなかったら、いまの生活はなかったかもしれない、鬼凄いアイデアの宝庫。

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

こんばんは!
北瀬です。

アフィリエイトは口コミの役割も
果たしている感じありますよね。

アフィリエイターのお陰で
詐欺商材の減ってきたんじゃないかな。

ではでは北瀬でした。
応援!

2008-08-31 02:35 from 成功者から学ぶブログアフィリエイトで稼ぐ方法☆北瀬

逆援助

逆援助サイトは安全?危険?逆援助サイトを調査します。逆援助。逆援助

2008-11-14 00:20 from 逆援助

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます