■「ノウハウを学ぶ」から「ノウハウを発想する」時代へ―だからシンプルマッピング(2) - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

■「ノウハウを学ぶ」から「ノウハウを発想する」時代へ―だからシンプルマッピング(2)

「努力」だけでは、得られないものって何?

それは、感覚系学習と運動系学習を、つなぐことができるかどうか、

にかかっています。

これは、一種の「気づき」ですし、

気づかないかぎり、永遠に、この二つを結びつけることはできない
かもしれません。

頑張れ!、はい、頑張ります!

これは、感情であり、気持ちです。

こういう気持ちの表明、よし、やるぞ!という気持ちを抱くことは、
とても大切です。

でも、翌朝目覚めてみると、
きれいさっぱりその気持ちが消えている、
なんてこと、けっこうあるんじゃないでしょうか?

それは、あなたの責任ではないのです。
あなたの意志が弱いとか、強いとかの問題ではなかったのです。

脳の仕組みが、そうさせているのです。

スポ根ものに代表されるように、掛け声を出し続けることで、
この脳の自然な仕組みをだましだまし、
一見継続的に努力しているように見える、感情に依存した継続。

でも、こういうやり方では、いずれ、体のほうが悲鳴をあげてしまいます。

これでは、ほんとうの継続的な成果を挙げていくことは、難しいです。

「根性物」は、とうの昔に終わったように見えますが、
私たち一人ひとりのなかでは、まだ、毎日のように、
スポ根的ドラマは、生まれ続けていたのです。

じゃ、どうすればいいのか?

感覚系学習と運動系学習を、つなぐ工夫や、ツール、
脳の仕組みの自然な状態を活かしながら、
感動や憧れを、具体的な目標として設定し、
そこに向かって、確実に行動を起こしていける工夫やツール
があれば、根性物の掛け声だけの努力に代わる、
ほんものの行動力を発揮できるようになるわけです。

そんな魔法のようなツールが、いったいどこにあるのさ?

はい、あります。

知ってしまえば、超シンプル、あきれるほどシンプルなのに、
意欲と行動を結び付けてしまうツール、
想いと行動のギャップを埋めてくれるツールは、存在します。


努力以外に必要なものと言ったのは、このツールです。

電脳大工あらためエンジンさんが、
わかりやすく、まとめてくれています。
↓                   ↓

読書マッピング001:茂木健一郎『脳を活かす仕事術』とシンプルマッピング|編集機関のシンプルマップ的ネタ帖:ProScript for Editorial Works

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

砂漠の商人さん
こんにちはぁ~

nobusa です^^

いつもご来訪・コメント・応援 
ありがとうございます<(_ _)>

体調を崩して 毎日伺えませんでした orz
これからも宜しくお願いします。
(。・_・。)ノ凸凸ポチッ!

2008-11-22 12:38 from nobusa | Edit

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます