クソ真面目:ブランドとブランディング―「作る力」と「売る力」(3) - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

クソ真面目:ブランドとブランディング―「作る力」と「売る力」(3)

どあたまから、

「起業という名の責任」

という話で始まる、「情報起業クソ真面目宣言2008」の「クソ真面目」について書こうと思ったのですが、これはまた、後日徹底的に書きます。

この「電子出版物」の作者に従って、あえて商材とも教材とも呼ばず、そういう言葉を使わずにレビューするつもりです。

なんで、今日の記事の方針を変えたかというと、
この「情報起業クソ真面目宣言2008」に、

簡単にお金を稼ぐ方法の一つとして、

「適当な錬金術を完璧なセールスレターで販売すること

が挙がっていたからです。それをやれって勧めてるわけじゃもちろんないです(笑)。失うもののほうが大きいので、やっちゃいけませんと作者は釘を刺しているわけです。「適当な」ってのは、もちろん「いいかげんな」ってことですね。もっとはっきり言えば詐欺ですね(爆)

「情報商材」を作成して、それを売って収入を得たいという人を対象に書かれた「情報商材」のなかで、こういうふうな言い方が出てくるのは、「ネットビジネス大百科」以来のことです。

しかも、ネットビジネス大百科などと違って、「情報起業は大変である」、楽じゃないってことが、これでもかというほど書かれた、実録ドキュメントです。しかも、それほど大変な思いをして、「月50万」。

これがリアルに書かれています。ノンフィクション大賞あげたいくらいです。

あ、記事の方針変更、忘れるとこでした。戻します。

さてと。

「適当なもの」を高い値段で売るという詐欺商売は、リアルでもたくさんあるのに、なんでネットには、これほど詐欺が、まっとうなビジネスにも影のようについて回るんだろう?

そういう疑問について、あらためて書いておくことにします。

影というか、そういう業界事情を逆手にとって、競争優位に立つというか、

私は詐欺じゃありません、を証明するだけで、なんかちょっといいことしたような、優位なポジション取ったような錯覚に陥る。

たとえば、小説ですが、これ詐欺はないですね。

普通に本屋で売られている小説は、商業出版物としては、すべてまっとうな商売をしています。そんなのあったりまえなんですが(爆)

いや、だからそこには面白いか面白くないか、そういうジャッジしかないわけです。詐欺であるかどうかなんて、まず問題にもならない。

ネット上で販売されている情報商材だって、商品としての価値判断は、そこに行き着くはず。まあ、「面白い」ではなくて、役に立つ、効果がある、役立ち度が大きいか小さいか、効果が大きいか、小さいか。

そういうジャッジになるのが商品としてはあたりまえのはずなんですが。

いちばんクリアなのは、費用対効果ということでしょう(この費用、コストには「時間」も含みます。ここ非常に重要です。)。

これが測定できてしまえば、レビューもそれなりにしっかり成立するはずなんですが。

なんにしても、詐欺なクソ商材が存在することを前提とするマーケティングが行われているという、おかしな業界です。

リアルでもお宝鑑定団とか見てればわかるとおり、骨董品などには詐欺に近い事例は、ごろごろしてます。

でも誰もそれ、問題にしません。いわんや、詐欺骨董品についてレビューして、それとの対比効果で、自分のお勧めを買ってもらうように誘導するなんていう小細工、やってんの見たことありません。

この小細工を、ブログの世界に広めたのは去年の10月だったかに販売終了になった「爆転」だったわけです。

下げといて、上げるというか、上げといて下げるというか、そういう手法ですね。

で、結局この工場では、あの手法、まったく行使しませんでした。

だいたい毒見に使うほどのお金ないですよ。

それより、勝れたものを手にして、それを推奨していくことに忙しくなるのがフツーであって。

テコに使える詐欺商材も定番があって、誰が書いても似たり寄ったりになるし、そういう暴露は、別個にやったほうがいいと判断したわけです。

別個というのは「セールスレターの読み方」とかね、そういうことです。

要するにリテラシーの問題だから。そこをストレートに突いてしまえば、

個別に相手どる手間隙はぶけますから。

ここはかくいう商人も実行できていないので、非常に悔いているところです。

「情報商材レビュー」ブログに設定してしまったもんだから、もう足洗えないです(爆)。いや、このブログのタイトルのことです。

「情報商材」という個別業界用語をタイトルからはずしたいけわけですが、それがどうもうまくいかなくて苦しんでます(爆爆)。

なんか、泥棒と警察の共依存関係みたいで、いやらしいじゃないですか。

かと言って、日8路線みたく、おめでたいハッピーハッピーなタイトルにするのもやだし。

まあ、ここはなんつーか、アンテナショップみたいなもので、その働きは十二分に果たしてくれているので、しばらくまんまでもかまわないわけですが。アンテナというのは、量売らなくてもまあ、機能はしているということです。

どういう機能、働きか? それは企業秘密です^^

ちょっとだけ、ヒント?を言っておくと、

このブログ、月平均2万円は売り上げてくれているので、小額ではありますが、

「学びながら収入を得る」というここのポリシーは、かろうじて実現できています。

しつこいですが、純粋に、このブログのみでの話です。メルマガや、携帯を含むサイトでのキャッシュポイントは、含まれていません。「爆転」と心中です(爆)。

冗談さておき、

肝心なのは、「得たものを贈る(送る)先」です。

PS.

この記事、ほとんどの読者の方には関係ないことで恐縮ですが、

現在執筆準備中の『アフィリエイトのバカヤロー!(仮題)』の、助走になっています。
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

はじめまして♪
楽しく拝見させていただきました。
私の知らない情報がたくさんあり、参考になりました。

私も昔は即金系の詐欺商材をずいぶんと購入してしまいました。
今考えてみれば、なんであんなもの買ってしまったんだろう・・。
って思います。

またおじゃましますね。

2010-01-23 01:24 from よっしー♪@情報商材データベース&レビュー InfoPark | Edit

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます