ボトムアップ型で行くときは「一品」主義で行くべきだ。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

ボトムアップ型で行くときは「一品」主義で行くべきだ。

いきなりですが、只今『資産形成サイト構築のための戦略と方法(仮題)』を執筆制作中。

で、その作業途中に閃いたことどもを、記事にすることにした。

お代は頂きません。

「一品主義」というのは1ページ1商品、それ以外の発リンクも余分なバナーも一切掲示しない。

ある意味行き止まりの1ページサイト。
よくペラサイトなどと言われる。

「ペラサイト」というのは「ペラ一枚」という
ウェブ以前からの慣用語。
中味が「ペラペラ」という意味ではない。

一品主義で、これはと思う物をペラサイトにしていけば、気に入った商品分、ページサイトの数は増えて、結果「量産」となる。で、これらをおのおののメインサイトから見れば、サテライトと。

捨てサイトではなく、
それぞれ独自のキャッシュポイントを持っている。

商人の「フットサット記法」が活かせる。

問題はドメイン。サテライトなので、忍者で虫の這ったようなドメイン大量に取得してもいいのだが、これってやる気削ぐんだよね。うじゃうじゃドット.namekuji.domとか、自分がこさえといてURL見ただけで、やる気を失う。じゃどうするを、今まとめ中。

で、ペラページなんだが、実は商品以外のCGI的な機能を乗っけるというのはある。

アンケートとか、まあセールレターによくあるメアド入れる無料なんとかに近い。とかなんとか思ってるところへ、幻のトッピングツールが復活のお知らせ。

「バリクリ」

ずいぶん前に出たやつなんで、ステップメールとの接続はどうしてたのか忘れた。

でもまあ、一品主義ペラサイトから考えて面白い趣向、プログラムだとは思う。

いわゆる外部SEO以外に「トラフィックをリストに変換」と言われるような
キメ細やかな「トッピング的作業」を
本気の人はやっているものなのね。

それでは、また(^o^)/~~
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます