携帯サイトのHTMLドキュメントタイプ宣言 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

携帯サイトのHTMLドキュメントタイプ宣言

こないだ、「ドキュメントタイプ宣言もないクソなソース吐き出す携帯サイト作成ツール」って書いたけど、

DOCTYPE宣言のあるなしは、別に皆さん気にしてらっしゃるらしいSEOには影響しないので。

極論いっちまえば、宣言なしのほうがレイアウト崩れとか起きにくいってことさえあるかも知れない。

というのは宣言は、各ブラウザのレンダリングエンジンに対して、おいらはこんなんだぜというお知らせをするのが主な役目。ないとどうなるかというと、ブラウザが勝手に解釈してくれて、勝手に表示してくれる。

テキストファイルをIEで読み込んでも、いちおう文字を表示してくれるのは、そういうわけ。

じゃなんで宣言なしのソースがクソかというと、作り手としての身だしなみってもんがあるだろうと。まずはそういうこと。で、自動作成うたって、それがまあできてるぶんには文句ないだろって態度の問題。

宣言について一言触れてりゃ、おっ、乙な奴って評価されるかもしれないのに(って、うんなこたあないか。作者もユーザもどっこいどっこいってことで)。

で、最近は携帯サイトでもXHTMLを使うのが増えてきている。インラインでStyleを使うこともあるし。

そういうのは当然、DOCTYPE宣言はXHTMLになってるわけだが、それなのにXHTMLじゃ使えない要素タグの記述をしてたりすることがある。そういうテンプレを平気で売ってるタコもいる。こういうのは宣言なしソースよりも、さらに恥ずかしいかもしれん。

あとは携帯サイトでおなじみのmarquee。文字が流れるやつ。

これはHTMLのバージョンなんちゃらからすでに非推奨で、もともとマイクロソフトの独自タグだったんが携帯ではなぜか「定番」みたくなってしまった。別にそれはそれでいいんだが、キャリアによっては、1回流れて止まるとか(爆)、全然流れもしないとか、いろいろ違いがある。一々確認してられっか(笑)

というわけで、DOCTYPE宣言は検索エンジンのクローラーさんのためじゃなくて、ブラウザさんにちゃんと表示してねというためにある。

なくてもいいし、ヘタに宣言して、まちがった記法するのはSEO的にも減点だったりする。しかし作り手のセンスとしてねって話でした(携帯無料ホームスペースのほとんどは文書型宣言は生成しない。無理に入れようとすると逆に、ハネられたりするので無料の場合は無視するしかないね)。

HTMLも「書く」ことの一部だと考えれば、コンテンツ・イズ・キングな時代がやってきているきょーび、ビシッとしたほうがいいよねってこと以上のもんではない。

それにしてもHTML5なんつー、アップルというかジョブズのフラッシュ締め出しのためというか、iPhone、アイパッドという自社製品のための業界標準づらしたあのやり方もどうかと思うがね。

ちなみに、HTML5のDOCTYPE宣言って、知ってます?

<!DOCTYPE html>

・・・・

ふざけてるとしか思えん。

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます