グラフィカルユーザインタフェースの弊害 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

グラフィカルユーザインタフェースの弊害

ガワばっか綺麗でもねえ。と、最近よく思う。テンプレを活用するのはいいことだけど、なんか一点集中する傾向の強いムラがあるみたいでw、商人くらいになるとそのテンプレがどこそこ産のものか一発でわかってしまう。だからなんだってこともないんですけど。やっぱ、中身だよなあ、って話。

まやさんには、しっかりそこを肝に銘じておいてほしいと思う。
コンテンツ・イズ・キングだぜ。

とかなんとか言いつつ、中身はつながってるが、サイトからこのブログに記事をまんま写してみた。ものの数秒で自分のネット資産を活かして、ブログを更新もできる。この資産は「記事」ということです。

ゆっときますが自分のサイトとは言え、まるごとコピペじゃないからね。よい子のみなさんは決して真似しないように。ファイルの手動インポートみたいなものです。この辺、FC2のCMSは非常に優れていると思う。


ネットビジネスでは、検索キーワードがすべて

ネットビジネス初心者でも知っているこの事実。



こういうツールを使うときは、起動する前にやっておかなきゃならんことがあります。




それがよく言われる「キーワード選定」とか「プログラム選定」とか。


離陸する前に・・・


当然と言えば当然のことながら、無料ブログ使って記事を書くことになれすぎた人は、ここでハタとつまずきます。まあ文字通りの日記であれば、それはそれでいいわけですが。




でもって、ものすごく綺麗でアクアっぽい機能ボタンがいっぱいついたツールのインタフェース見ると、それだけでなんか凄いことが出来てしまいそうな錯覚に陥ったり。




それに比べてこの「起業サイトディレクター」はメニューはすべて文字。地味過ぎ!って思うでしょうが、もう数年前から、上にあるとおり動画もサクッと取り込める機能を備えていた。




それだけじゃないです、もちろん。何よりも「書く」コンテクストに即した、柔らかいツールに仕上がっている。そこが高く評価したい点です。






というわけで、忍者にアップしたリンクはこれ→http://qcxbgk8lgxlg7.ohugi.com/

テストなんでかまわん。使ったツールはもちろん、「起業サイトディレクター」。

あんまり人様に教えたくなかったんですけど、そろそろ潮時かと。

SERIUSもいいんだけど、まやさんにはこっちを使うことをお奨めしたいです。
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます