小川式「不労所得」の作り方 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

小川式「不労所得」の作り方


4カ月半ぶりの、まるまる土日。つまり休日w (ここんとこ曜日が分からなくなっている)。

なんでちょっと日記風(「語り口」は、1000個や2000個は、軽くストックしとかなきゃだね。で、いつでも使えなきゃね)。

ほっとらかしの某ASPを久々にのぞいてみた。報酬額が、3万円をちょっと超えていた。
ほとんど忘れてたw 忘れたころに売上がカウントアップされてるのに気づいたりするのは、いくら少額でも「嬉しい」もんだ(入金は翌々月だが)。

でも、ただそれだけのこと。
ほっとらかしってことは、丹精こめて育ててこなかったってことだから、たぶん宵越しのカネはで、綺麗に使ってしまうだろう(笑)。タダの消費。

いや、うまくいってる「放置型サイト」というのはある。でも、それは仕込み段階で、きっちりいろいろ手を加えて送り出してるわけで。そもそも「ほっとらかし」なものなんてないわけで。広告なんかしなくても、勝手に売れてくれる良くできたヒット商品。これがほんとの「ほっとらかし」だ。それ以外、ない。

なんとなくの確率戦で、トラフィックビジネスでさえないものから、小金が入っても、まあうれしくはあるけど、ありがたみがないんだよね。

暇にあかせて久々にメールチェックしてたら、小川氏のニュースレターが来てた。

件名が「■不労所得の作り方」

またかよ、ウザっくねえ?って思ったけど、読んでみた。
人物を判断できるからね。この件名でどんなこと書いてるかみれば。

期待は、見事に裏切られた

さすが、「独自アフィリエイトシステム」を完成させようとしているだけのことはある(自己アフィリじゃないよw)。

その前に考えてみよう。
不労所得をゲットして引退した生活を・・・。
(中略)
朝ゆっくりと9時か10時くらいに起きる。
昼までやることがない。
友達も仕事しているので友達とも会えない。
(中略)
沖縄かハワイにでも行ってビーチで過ごそうか?
それもスグ飽きる。
だいたい一人でビーチに来たって楽しいわけがない。
(中略)
つまり自由すぎるのはとってもつらいと言う事。
人間、暇とか退屈ほどつらいことはない。
でも引退した後に待っているのは、まさにこの"退屈"なのだ。

(中略)

お金よりも、エキサイトを求めよう。

多分それが、不労所得で引退なんていう
ほとんどの人が達成できなくて、さらに達成した人はガッカリしてる
というくだらない目標よりもずっといい。

(中略)

映画監督なんて一発当てたらすぐにでも引退できる。
でも引退する映画監督って聞いたことある?
映画監督は死ぬまで映画撮ってるよね。
何で?映画が彼らをエキサイトさせるからだよ。





小川式エキサイティングな、高報酬率独自アィリエイトシステムへの参加は、ここから3秒で完了する・・・ってリンク貼りたいとこだけど、やめとく。

あまり広まってほしくないんで(笑)
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます