ゼニで測るな! - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

ゼニで測るな!

コストの障壁が低くて、何かを告知したりするには、

非常に利便性の高いウェブだが、

到達率とか、回収率とか、クリックあたりの単価とか、

そういう数字での評価っつーのは、

なんというか、やってることの意味を見失わせる。

商売に活用する場合もそうで、地べたに店舗などがもともとある場合には、

ウェブの費用対効果を数字で測るというのは、割り切って考えることができる。

けど、ウェブのコンテンツ自体の価値を売ろうという場合は、

そうはいかんのだ。

ゼニで測るな、ってところに必ず行き着く。

チラシ、呼び込み、訪問、その他メディアの広告宣伝などなど、

旧来のメディアのなかに、ウェブも解消しちまうってこと。

使い捨てのチラシをウェブで作るなよ、

ってことにも近い。

チラシは紙に限る。

そこには賃労働であっても、制作ってもんが見えてるからね。

それでメシを食えたりするわけだが、

ウェブの初期コストの低さというのは、すなわち、

そういうワークの価値も低くてやってらんねえ、

ってことになりかねないってこと。

じゃあ、どうするか?

数字では伝わらないインパクトっつうもんを、


それを考える、作り込むってことになる。

ウェブはウェブを支えていない、といってもいい。

銭ゲバDVD-BOX銭ゲバDVD-BOX
(2009/05/22)
松山ケンイチ、ミムラ 他

商品詳細を見る
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます