WordPressのバージョンアップに追いつけない。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

WordPressのバージョンアップに追いつけない。

ってことがある。

てゆーか、最近何考えてんだか、ワードプレス(WP;Wordpress;cms)のバージョン更新、ひんぱん過ぎる。

グレードアップともいうらしいが、たんびたんび更新する必要ない。

ない以上に、サーバー側が対応してない。サーバー屋さんも、こういう頻度に追いつけなかったりするので、特に長期に安定して運営してる大事なサイトでは、やたらWP側の更新を追いかけると、かえって不具合が生じたりする。

記事投稿CGIとか使ってる場合も要注意。ツール開発側が、こまめに更新してくれるならまだしも、ワードプレスに投稿しようとすると、はねられたり。サーバー側が追いついてない場合は、他のブログサービスにも投稿できなくなったりする。

サーバーに置いてHtml吐き出すタイプの一見「スゴイ!」ツールが売れてたりするが、わっ、スゲとか思って飛びつかない方がよろしい。

自分でPHPとかCGIとかデータベースの基本的な知識をさらっておくか、販売者がしっかり対応してくれるこまめなところかどうか確認しないとね。しないと、サーバーやハードディスクの高い肥やしになるのは目に見えてる。

なんにせよ、更新を追いかけることには、ほとんどメリットがない。

プラグインが使えなくなるという大問題もある。デメリットのほうがでかかったりするわけ。

バージョンアップと言えば、FireFoxも基地外じみて来た。

何考えてんのか、ほんとうのところをCEOにメールで聞いてみようと思う。

いや、これはひょっとすると、米国という国全体の問題なのかもしらんね。
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2012-05-02 11:34 from

Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます