競合サイト調査なんか、時間のムダ! - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

競合サイト調査なんか、時間のムダ!

って、こともある。

「これはイケテル!」「大好き!」「みんなにゼッタイすすめたい!」とあなたが思った場合については、競合サイト調査は時間のムダ。

たんたんとサイトを作ることに時間を使うべきだ。

ただし、基本的なサイトタイトル、記事タイトルのキーワード・ライティングは、やっておくのがベスト。といっても大した作業ではない。アクセスしてもらいたいキーワードを左にもっていくという検索エンジンロボットへの配慮だけやっておこう。

この行き方のことを「内的キーワードの絶対性」を活かす、という。これに主導されれば、記事数、内的リンク、などSEOにいう条件は、黙っていても満たされていく。外的SEOは、気が向いたときにやればいい。

内的キーワードと外的キーワードというのは、サイト構築派ランボオ砂漠の商人の経験則をもとにした造語なので、世の中では使われていない。いずれレポートする。

独自ドメインをお金を出して購入する場合は、検索ボリューム(需要)くらいは調べておくほうがいいかも。しかし・・・

これ(ブラウニー)を使うと、あっというまに競合サイト調査まで出来てしまうので、この記事の意味はあまりないことになるけど(爆)、データの意味を読み取れないと使えたことにならないので、やっぱ内的キーワードのゼッタイ性を試すという経験を、何度かしてからお買い求めください。

『Brownie(ブラウニー)』オイシイけれどお菓子じゃない!何がオイシイかは使えばワカル!ザクザク見つかるお宝キーワード。超強力なキーワード発掘ツールが遂に誕生!
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます