「無料ブログを卒業してからHTMLサイトへ」というもっともらしい大嘘 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

「無料ブログを卒業してからHTMLサイトへ」というもっともらしい大嘘

これよく言われることだし、

その手のマニュアルにももっともらしく書いてあることが多いけど、

半分ホントで半分は大ウソだからね。

無料ブログも、ワードプレスとか自分で借りたサーバー上で動かすのと同じ、

ツールというか、ソフトウェアを使っているので、その操作に慣れる

という意味でたしかに「練習」であったりする。それは間違ってない。

加えて、テンプレとかいじったり、バナーリンクを記事に貼ったりすることで、

少しずつHTMLに慣れていくということもあるかもしれない。

でもね、たとえばアメブロ使ってる人ってほとんどまったく、

そういうことしないから。つまり、この記事作成画面の操作に慣れていくだけで、

HTMLに接近することは、まったくないと言ってもいい。

さらに、旬を追いかける記事更新を「日課」にしなさいとか

言われた日には、ますますそんな余裕ない(笑)

結果、いつまで経っても無料ブログ卒業できやしない。

たいてい、HTMLサイトを自分の手で作ったことのない野郎が、

その手のマニュアル作ってることが多いので、もっともらしい

大嘘でごましかてるだけだったりすることがけっこうある。

ランボオが見れば、すぐ分かる。

あ、この人、サイト作ったことないわ、せいぜいが

ブログのテンプレ着せ替えてる程度、とかね。

さらにゆっとくと、無料ブログは中小のお店の公式サイトとかの、

SEO対策としても使われる。

つまり、無料ブログを経てHTMLサイトへ、じゃなく、

二つあってはじめてパワー全開になる「両輪」なんですよ。

実店舗経営レベルの話だけじゃなく、

これは「一人親方」のサイト/ブログ構築にも言えるわけで、

大きな歯車と小さな歯車を、うまく噛み合わせることで最大出力を

ゲットできる。

だから、HTMLサイトがメインで無料ブログがバックリンクの

サテライトとは限らないし、その逆もしかり。

こんど実例見せてもいいけど(たぶん見せないだろうね 笑)、

HTMLサイトから、あるブログにリンクを送る。

ブログからはリンクしない。

だからと言って、そのHTMLは単なるリンク供給バックサイトか

というとそんなことはない。

ここにはタイムシフト、商品で言えばライフサイクル、

つまり時間が作用している。

もちろん、大枠の商品ジャンルとして、長期的に需要のあるもの

というのが前提の場合だけどね。

積み上げライティング

よくトップダウンとボトムアップっていうけど、

この場合、トップ(上位)が大規模サイトで、

ボトム(下位)が、小さなブログとは限らないわけ。

ここが「見た目」で大誤解されがちなところね。

下から上へ階段状につながってんじゃなく、

くるくる循環してるんですよ。

top_bottom


ここがピンと来るようになったら、あなたも一人前のサイト構築派。

ブログとHTMLサイトは、並行してギシギシとコンテンツを埋め合って、

互いにパワーアップしていくという状態が生まれる。

つまり、無料ブログからHTMLサイトへ、

ではなくて、

無料ブログとHTMLサイトは、両輪で、

作成も並行して同時進行していくというのが正解。

HTMLサイト、そんなに難しくないし、

なんか時間がかかるブログに比べてとか、

いろいろ覚えることが大杉て、

とか、そういう都市伝説、一回捨ててかかったほうがいいですよ。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます