SNS拡張とアフィリエイト広告(1) - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

SNS拡張とアフィリエイト広告(1)

クライアントワーク・スタイルとランボオが呼ぶのは、実際に仕事発注先=クライアントを持ってない、そういう仕事をしたことないし、してないという人にも応用できる。

クライアントさん(ウェブサイト、ホームページ作成では施主ということもあるが)のために、何をどうつくって、どういうプロフィットをもたらすかということを考えるクセをつけることで、あなたの「稼ぎ」しか意識しにくいいわゆるアフィリエイト志向を脱することができる。それがかえって、あなたにも利益をもたらすという考え方、スタイル。

そうするとね、たとえばツイッターにしても、サイトづくりからどう使うかという視野が生まれるので、戦略としても強くなるんですよ。もうあんまり言う人いなくなって幸いですが(笑)、昔はアフィリエイトにはメルマガ・アフィリエイト、サイト・アフィリエイトってのがあってみたいなへんな分類するのがいっぱいあったけど、これ全然ダメね。

これだとたとえばTwitterなら、ツイッター・アフィリエイトとか言っちゃって、大失敗こくわけよ。それがこないだの記事の例ね。もう運営側からブロックされちゃってるわけ

そこでどうにか規制をぬってなんて考えたってムリムリ。

そうじゃなくて、クライアントワークとしてSNSをどう使うか、そこでアフィリエイトをどう活かすかという見方に変えれば、まるで違う世界が見えてくるよ。

というわけで、フォロー・ミーボタン貼ってみたw

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

これも、実験なのね。クライアントのサイトに貼る場合に、どんな絵柄がいいか。場合によっては独自にデザインしたがいいか、とかね。デザイン料はいただきますよ。必要ならね。


PS.

このツイッターとかフェイスブックとかSNS拡張話は、サイト構築手順としては、

ランボオの用語で「トッピング」。工程で言えば、後工程に近い。

それでなくても、ツイッターだけ単独で考えるなんてことは、

サイト構築派にとっては不可能に近い(w)

トッピングには図像系デザイン系も入る。なんか、おしりから手順を

追ってるみたいであれだけど、まあそういうこともあるよ。
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます