最強のSEOは「記事力」です。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

最強のSEOは「記事力」です。

検索エンジン対策は、どこも迷走し始めている。特に外的SEO、
被リンクに関係するアルゴリズムが動いているようで、
いろいろ不安定な状態が続いている。これ体感的真実ね。

おそらくこれまで色々言われて来たアクセスアップの手法は、
これから大半が吹っ飛ぶと思われます(笑)いや、マジで。

そこでランボオが体感的に予測するに、
カネに糸目を付けないでいい大企業でないかぎり、
どうも本来のブログの自然さこそが、最強のSEO
という時代に戻る?というか、そっちのほうにどんどん進んでいるというか、
そういう感じがする。

で、この本来のブログの自然さ=検索エンジンに対する強さ
というのは、無料ブログサービスのドメインの強さに乗っかって、
短時間で上位表示されやすいとか、そういうビギナーラックや、
グーグルハネムーンの話ではない、全然ない。ここ重要です。

何かと言えば、記事力だ。力のある記事が日々更新されていくこと。

そういう記事力のことを言うわけなので、誤解のないようお願いしますw

ブログを含むサイト構築は、今後2つに分かれるだろう。
同時には作成に取りかかれないし、
どちらか一方で十分ということもある。

それこそなんのためのブログ、サイトなのかによるが、
ランボオのようなサイト構築派にとっては2極を並行しつつ、
2極の相乗効果を狙うしかないわけだ。

この2極をシステムとしてもともと持ち合わせているのが、
ワードプレスなんだと、ちかごろあらためて実感する。

それは優れたテンプレートの動向にも現れている。

たとえば、TCDの最新テンプレートは、
WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」だが、
名前のとおりブログらしいブログテンプレになっている。

これを見て最強のSEOは記事力(+その更新力)だということを、ますます強くする次第。

こういうブログがアクセスを送り出していく、ハブのように働く。
で、このブログは、よく言われて来たメインに対するサテライトでは、ない

関連サイトではあるが、リンク集的な被リンクを加えるものではない。

極端に言えば、トップページURLカンケ―ない。

この辺は検証中だが、記事中からのリンク、
いわゆるディープリンクが近いが、そう言い切るのも正確ではない。

まあ、ナチュラルとしかいいようがない、今のところ。

で、もう一方の極であるHTMLサイトですが、

例えばクライアント・ワークでランボオが作成中の、
店舗のサイトであれば、構成が必要十分なものを作れば、
SEO的には安定するし、沈むことはないと断言できる。

検索結果表示でも、この条件を満たしていれば
月に数回更新するかしないかだけで、
落ちることはないし、飛ぶなんてことはありえない。

地域名+業態の複合検索で上位2位~3位を半年以上、今に至るまで維持している。

1位は「食べログ」だったりする。

手の内はすみません、明かせませんが(笑)
リンクをつけまくるとか、そういう意図的な外的SEOは一切していない
ごく基本的なことだけしかやっていない。

結論というには早すぎだが、

記事力のあるブログ+必要十分な構成力のあるHTMLサイト

これが最強のコンビになっていくことは間違い間違いない。

一方の極であるブログについての最強の教材があるので、
とりあえずリンクしておきます。これしかないと断言できます。

風花心伝Rebirth


もう一方のHTMLサイトについては、
ワードプレスをからめてまた後日。




関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます