競合サイト調査なんか、時間のムダ? - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

競合サイト調査なんか、時間のムダ?

いや、実はこのブログの、
人気ブログランキングでのタイトル表示は、

競合サイト調査なんか、時間のムダ!SEO解体工場

になってるんです。

断言しちゃってます(笑)

ハッタリなんでしょ?ってときどき言われることあるんですが、

半分ほんと、半分ハッタリですw

いや、うまく説明できないところあるんですが、

よし、これで行くぜ!、絶対このコンテンツだっ

って思えることってあるし、

これしかないという自信にみなぎることはあるわけで。

もちろんキーワードは需要供給の言葉のマーケットでもあるわけなので、

それを意識することは大切なことです。

だけど、これで行くぞと思えたときとか、

クライアント仕事の場合、関連キーワードは自ずと範囲が

決まってたりするわけで、

そういうときは競合なんか調べてるの確かに時間がもったない。

早いとこ、つくっちゃったほうが勝ちなんです。

そういうことです。

で、このちょっとした時間の効率について、

うまい比較のできるツールが二つあるんで、

それでお茶濁しときます。HyperBloggerAutorenderの比較です。

こないだも触れましたが、A(オートレンダー)はH(ハイパーブロガー)の機能をコンパクトにまとめた感じで、

操作画面もほとんどのことが、移動せずにできてしまう。

Hのほうは、どちらかという多彩なコンテンツ収集&デザイン機能などに優れているのと、
過去記事のデータベース化、再利用、予約自動投稿などいろいろなことができる。

その分、画面も動きもちょっと複雑になります。

なので最近は助手さんにはAutorenderを使ってもらうことが増えてます。

競合調査については、ライバルサイト数が出るAのほうが、

競合調査なんかムダ!って気分に合っている。
ライバルサイト数
★ライバルサイト数が出るので、まわりどうあれ行くぜ!ってときは、
背中を押してくれる効果が。そのかわりどういうレベルの相手かを確認する作業は、
スキップしがちに。

HyperBloggerの場合は、ブラウザでしっかり確認するというステップが
入ったり、そのぶんちょっと時間をかけてということになる。
スコア
★Yahoo検索のスコアで弱い、中間、強いという3段階の指標がでますが、
これだとどうしてもどういう作りなのか確認したくなるので、しっかり
競合調査をすることに。


ライバルサイトというより、スコアによって検索結果を段階化するので、
数字でライバルの数を示すAutorenderより、じっくり相手をながめて、
という感じになります。

なんでまあ、ある程度ルーチンでいけるものはA、
ビッグキーワードで参入ってときなんかはH
って感じですかね。

まあ、でも機能を限定しながら使えば、どっちもどっこいどっこいかと。

また違いに気づいたらご報告。

はっきり言えるのは、
パンダアップデート以降のサテライト作成にとって、
どっちも大活躍してくれるツールだということです。

もちろんサテライトだけじゃなくメインブログ/サイトにも使えます。
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます