書くのが苦ならブログなんかやめちまえ!(3)滑走路を作る - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

書くのが苦ならブログなんかやめちまえ!(3)滑走路を作る

滑走路書くこととウェブメディアを構築することにまつわる、オーバーヘッド・タイム話の続きです。あと5回くらいで一通りかと。

その後、「書くのが苦」な場合の対策をいろいろ示していきますが、

今回は「書くのが苦でない」場合の苦について(笑)。

そこそこ書けるという人でも、
こういうブログに記事として書くのではない場合には、

やっぱり苦=オーバーヘッドタイムの壁がのしかかることがあります。

簡単な話で、思いついたことをフットサット記法では書けない場合。

つまりウェブの場合、これを「書こう」と思いつくというのは、

つまりHTMLサイトとしての「構成と一緒に」、
「これをこう書いていこう」というのと同じなわけです。

「ブログを書く」なら、いまこうして書いているようにログインして
「新しい記事を書く」をクリックして、本文編集画面に向かって・・・
ということで、それなりにオーバーヘッドはあるけど慣れれば
どうってことないって程度のものです。

しかしHTMLサイトとなると別です。

いわゆる企画・設計ということをやらないと、ろくなもの書けない、

つまりサイトも構成できないわ、せっかくの思いついたことを表現もできないわ、

ってことになるわけですね。

分業でやってればいいんですけど、それでも連絡とって人集めて、

ミーティングやって・・・ってすごい時間を必要とすることもある。

サイト構築派のこの連載のテーマは「同時に」やっつけるなので、

それも基盤は一人親方スタイルでやっつけるなので、いきなり分業はなし

が前提です。

じゃあどうするか?

「滑走路」を作ります。

それを「ひな形」として保存して、いつでも使えるようにしておく。

滑走路作るのもハードワークです。

ですが、一回やっとけば、

あとは超高速で、複数サイトを立ち上げていくことができるようになる。

これがオーバーヘッドの解消、つまり書くのが苦でない場合の苦を解消する

ただ一つの解放です。

なんかすぐに自動化ツールとか言い出す人いますが、

あれは大ウソです。

いったん滑走路を作るハードワークに入ること(これはこれでオーバーヘッドなんですが、やっておいたほうがいいオーバーヘッド)です。

施主さんのメインサイトのテーマとは直接関係ないけど、

Xというテーマでこういう記事を含むサイトを作れば、

集客効果がありそうということを思いついたとします。

メインのサイトにサブフォルダをぶら下げってことをしないとします。

そのほうがSEO的にいいので。すると、

1)ドメインの取得
2)テンプレの選択
3)キャッチ図像や、バナーの準備

などなどがけっこうめんどくさくて、
やあめた、にならないようにするのが滑走路。

(「滑走路」はサイト構築派の造語新語wです。検索しても
ここで言う意味はヒットしないのでご注意願います 笑)

PS.

この滑走路を作るというハードワークを苦もなく進めることが
できているのは、

ハイパフォーマンスを生み出す心の技術『ザ・エクセレンス』

という本に負うところが大きいです。


滑走路という発想自体、この本を読んでる最中
に生まれました。



関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます