目と眼はどっちが検索ボリュームが大きいか? - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

目と眼はどっちが検索ボリュームが大きいか?

眼と目のほかにも、同じ意味で別の漢字を使うということはよくあることですが、

カタカナか漢字かなども含めて、キーワードを決め込むときにたまに悩むことがあります。

実は悩むほど大きな影響はなかったりするんですが(笑)

ちょっとグーグルトレンドで調べてみました。



赤いのが「目」、紫が「眼」です。

グーグルは単漢字(漢字一文字)を熟語から切り離して、

もう一回、熟語とか生成するってことをやってますから、

このボリュームは必ずしも、

検索する人が「眼」=「目」のつもりで入力した場合と一致してないです。

次は、眼鏡とメガネでやってみますか。

あ、暇なときに、ですね(笑)

といっても5分くらいで済みます。

実はこれ、キーワード・ライティングのセンスを磨く

基礎トレにもなっています。
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます