歯周病と歯槽膿漏は、どちらが検索ボリュームが大きいか? - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

歯周病と歯槽膿漏は、どちらが検索ボリュームが大きいか?

こういう意味が同じで表記が異なるキーワードの場合、

Googleトレンドで比較すると大体のつかみを得ることができます。

歯周病と歯槽膿漏の場合は、同じ病気の新しい呼び方、

古い呼び方ですから調べなくても予測はつきます。

検索する人の年齢層による差も出て来るはずです。

Googleトレンドを使う前に、普通にそれぞれ検索してみると、

歯槽膿漏
約 133,000 件
歯周病
約 297,000 件

新しい呼び方である歯周病をキーワードにしたサイトが歯槽膿漏の倍以上存在する

のがわかります。検索ボリューム、頻度を見なくても検索表示件数だけでも、

だいたいの傾向はつかめます。Googleトレンドの結果を以下に埋め込んでおきますが、

ここまでの結論は、世代差を活かすか活かさないかだけだということになります。



あとは関連キーワードをどう扱うか、です。

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます