システム利便性というものに・・・ - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

システム利便性というものに・・・

依存しすぎてはいけません。

当ブログではこの「システム利便性」というものに何度か

言及してきましたが、依存するのはよくないよっていい例が、

最近、いろいろ集中して来ているように感じます。

間もなく、ヤフー・ブックマークが終了します。

直近では当ブログでも右サイド下の方に設置してある、

楽天市場のランキングが終了しました。

もともと、これは当ブログにとってキャッシュポイントではなく、

物販を中心とするマーケットの様子見ように置いておいたものです。

また、終了と言っても別の仕組みが提供される、

バージョンアップのためと言ってもいいような終了なので、

何も大騒ぎするようなことではないのですが。

システム利便性

広告を設置するだけで収益になるのは、

あなたの媒体が広告媒体として買われている場合だけです。

広告媒体として「買われている」ということは、

電信柱や建物の壁面などとは違って、コンテンツのあるブログ、サイトの場合は、

そのコンテンツが「買われている」評価されているということですから、

サイト構築派なりアルファブロガーの冥利に尽きる最高の栄誉なのですが、

しかし広告を設置するつまり「貼る」だけではキャッシュポイントにはならない。

キャッシュポイントは育成していくものであって、

そもそもコピペだけで収益が生まれるなどありえません。

ってなことをつらつら思い出しました(笑)

楽天市場の商品広告は、基本「テスト」に使用するのみ。

今度お見せしますが、サイト構築派がそう名付けている、

「ショーケース型」のサイトで売上があがることはありますし、

まあ大人一人食っていけるくらいの収益を楽天で上げている方が

いらっしゃるのは否定しませんが、サイト構築派としては

基本、そういうことです。

ともあれ、システム利便性は、システム構築側からフリーで提供されているものです。

それに過度に「依存する」のは危険です。

うんなこと言ってたら、インターネット自体がそれに近いものがあるわけですが、

まあ、これについてはまたにしておきます。


関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます