アダルトなアフィリエイトへ。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

アダルトなアフィリエイトへ。

美脚な助手さんw
美脚な助手さんですw(去年の夏、撮影)



先月末のクライアントとの打合せのとき、

ポストカードとかチラシとかの紙系のデザインを担当している人が同席した。

実はこの人、AV系のセルDVDのパッケージデザイナーでもあって、

それでいろいろ業界話になったってわけ。

あ、この人、女性なんですけどね。

どうやらこんだけネットで無料動画とかが氾濫したり、

ダウンロード販売が主流になってるらしいのに、

いまだにセル(要するに地べたの店舗で売る用のもの)を買う人はいなくなってないんだと。

彼女がいうには、ネットがこんだけ普及しても、

店で買う人は増えたとはもちろんいわないけど、減ったってこともないんじゃないのと。

まあ、安定してると言っていいらしい。

ネットと言っても、アマゾンで紙の本買うみたく、

セルもパッケージで通販ってのもあるから、

タウンロードとかストリーミングでペイパービューするのと比べて、

セルパッケージはそんなに落ちぶれてはいないんだそうだ。

そう、ネットショップって要するに通販なんで、

ダウンロードか宅配かを問わずどっちもネットショップと呼んでるわけで。

ともあれ、アダルトの話に花が咲いたw

(彼女は、30そこそこの女性です)。

数年ほど前からこの「不況」でアダルトグッズ屋(要するに大人のオモチャ)が注目されたり、

アダルト業界はどうも不沈空母wなんだそうな。

そりゃそうだわな、人間、これなしに生きていけんもん(笑)
って話になった。

そこに助手が遅れてテーブルについた(こちらも女性)。

最近、自分でサイト作ってモノとかサービスとか売ろうとしている。

もちろん仕事の時間外で。でアフィリエイトとかアソシエイトとかも、

やってみようと思うと言ってる矢先だったんで、

思わず「今さ、アダルトなアフィリエイトの話してたんだよ」

と言ってしまった。

へえ、儲かるんですか? と来た(女性です)。

いや、俺が言ったのはアダルトはアダルトでも「大人の」って意味で、

ととっさに言い返したんだがw、いわゆるジャンルとしてのアダルト

も含むけど「大人としてのアフィリエイト=仕事」っての考えないと、

これからは時間の無駄になるからなと言ってやった。

いやマジ、そうなのだ。

(続く)

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます