FTPクライアントソフトも楽しいほうがいい。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

FTPクライアントソフトも楽しいほうがいい。

FTPクライアントを使うのはサイト構築手順の「中工程midlle process」の最終フェーズ。

「楽しい」というのはちょっと違うかもしれないけど、

単に上げたり下げたりじゃ、つまらんよねって程度の話で。

FTPクライアントソフトのなかでは、FFFTPが日本ではいっちゃんポピュラーだと思う。

FFFTP

けど、たまに飽きるんだよねw

で、サーバー上のファイルを直接編集できたりするクライアントを探してみた。

FTPRUSHとALFTP

ALFTPは、圧縮解凍ツールなども作ってる日本の企業製(社長は韓国人)なので日本語化などはまったく問題なし。ただ、なぜか起動してくれないのだ(爆)。FTPRUSHもなかなか良さげなんだが、日本語化はできるけどウィザードが文字化けして、接続失敗。

FTPラッシュ

結局、前からインストールしてあって使ってなかった、FileZillaに新規サーバーは登録することにした。

filezillaicon

FileZillaも米国産だが、日本語ユーザによるマニュアルや情報が豊富なので導入してる人は多いと思う。
サーバー上のファイルを関連づけソフトで編集も可能。FileZillaだけじゃないが、クイック接続も新規サーバー登録する体感スピードを上げてくれる。

FiieZilla画面

ほかにブラウザもFTP機能を持ってるし、FirefoxのプラグインFireFTPはここに上げたクライアントと同等以上の機能を持ち、ブラウザ上でサクサク動く。

FireFTP

言いたいのは、基本FFFTPで十分なんだけど色々ツールを渡り歩いて上げ下げしてみるのも、気分的体感的スピードアップに繋がるってこと。後は、接続情報と肝心のサイト情報管理が一元的に出来ることが重要。

この話はまた今度。

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます