サイトが見えてなければ、どんな道具も使えない。(1) - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

サイトが見えてなければ、どんな道具も使えない。(1)

道具の話なのに、なんでカテゴリがキーワード・ライティングかというと、

まだ書いてなくてもいいんだけど、だいたいのサイトの姿が見えてる段階でないと、

どんな便利なサイト作成ツールも使い物にならないって話なので。

例えば、このツール。有名どころの数あるツールのなかでもシンプルなほうなんだけど、

道具を使う手前が重要というのは、どんなツールにも共通する。

道具の手前

これは起動してから「新規作成」をクリックした状態の画面の一部。

一番下の入力窓に「サイトURL」ってある。

これは、ツールで作成できない。これが重要ということで。

初めてこの手のツールを使う人は、よし!やるぞと意気込んで、立ち上げたとたんに、

手が止まったりする。マニュアルにも、入力してくださいとかあるだけで、

なんの説明もない。これは言わなくてもわかってるはずのこと、

と思われているから。

URL、つまりドメイン名は、そのサイトのキーワードと強くと結びついていて、

そこでどんなサイトを作りたいのかは、「見えてる」。

見えてないと、ドメインも決められない。当たりまえ過ぎて、

ツールのマニュアルには説明がない。なくて当然なんだけど。

当然すぎて注意書きのないことというのは、

ツールの「使い方」には他にもたくさんある。

ツールの出来不出来とは関係ない話。

URLはあとから入力してもOKな場合もあるけど、

そういうことじゃないんだよね。(続く)
関連記事

タグキーワード
2016.04.13|Genre:アフィリエイト|Thread:知ってますか?コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます