「競合サイト調査なんか、時間のムダ!」の本当の意味は?その2 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

「競合サイト調査なんか、時間のムダ!」の本当の意味は?その2

ラーメン店激戦地区があるように、

それでも出店するのが商売って話したわけですが、

ウェブ上では競合に対しては、

広告で戦ったりします。

いわゆるPPC広告。

一時、大学受験予備校のPPC合戦は凄かった。

ラーメン屋ほどの競合数はないし、

いまは新業態シフトしたりで、以前ほどではなくなりましたが、

競合調査してもラーメン店ほどは競合数のない予備校もそうだったという話。

ついでに予備校の公式サイトも「ネットショップ」。

ユーザーが無料講座申し込んだり、資料請求したり、メルマガ登録したり、

ネットで完結する取引(通信)機能、備えてますから。

このあたりが「競合サイト調査なんか、時間のムダ!」の本当の意味、その2です。

PPC広告で検索結果ページの最上段、目立つ位置に表示してアクセスを増やすわけ。

ネットで完結する取引(通信)機能については、これだけで本書けます笑。

pay-per-click
関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます