愚者のアフィリエイトと賢者のマネタイズを架橋する新語〈ホビリエイト〉1. - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

愚者のアフィリエイトと賢者のマネタイズを架橋する新語〈ホビリエイト〉1.

美脚な助手さんw
美脚な助手さんですw(いつかの夏、撮影。何年前?って聞かないでね)

久々にアフィリエイトについて書きます。

うちの施主は気は大きくて、でもさほど大きな資本力を持ってなくて、

コンテンツマッチな広告プログラムの報酬は、われわれのものにしていいと

言ってくれてます。ありがたいことです。

けどまあ大したことないです、報酬。それもあって、うちの助手さんには、

つねづね仕事の時間に割り込まない限り勝手サイトで自由にやっていいよ、

と言ってるんですが、こっちも専従ではないのでちょぼちょぼです。

なんでこういうアフィリ話をする気になったかというと、

週刊ダイヤモンドの2016 4/30・5/7号を見てたら「副業解禁」

の記事があってそこに「アフィリエイト」の文字があったんです。

色々ある副業の一つとして「アフィリエイト」が取り上げられているわけ。

で、副業の比較マップがあって、

アフィリエイトは〈簡単、お手軽←→手間がかかる〉のスケールの中で、

「簡単、お手軽」のところに配置されている。

やっぱりなあと思ったわけです。

そこへもってって聞こえてきたのが、

〈ホビリエイト〉って新語です。

これは救いかもしれません。

PS.

記事タイトルの「愚者」ですが、言うまでもなく、

アフィリエイト一般が愚かというのでは全くないです。

たとえばGoogleが運用してるアドセンスですが、

あれもGoogleがアフィリエイトしてるわけです。

このあたりも含めて、次の記事へ。

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます