アクセス数×成約率×単価=売上:ネットビジネスの基本公式(1) - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

アクセス数×成約率×単価=売上:ネットビジネスの基本公式(1)

アクセス数×成約率×単価

この掛け算、情報販売、情報商材アフィリエイト、物販アフィリエイトの
すべてに共通する売上を決める基本的な公式。

アクセス数は、リアル店舗で言えば「集客」。

成約率は、営業で言えば「クロージング」。

単価は、まんま商品の価格。アフィリエイトの場合は、
報酬率、報酬額の高低ってことで。

詳しく見ていくと、項目がさらに細かくなるんですが、

今回は、この3項が、作業手順の整理に役立つってとこまでにしときます。

アクセス数、集客には、ただの通りすがりの人見込み客(潜在顧客)、一見さん、一見さんでかつ購入者、
それからリピーター(顧客)などなどが含まれるので、
アクセス解析のユニークユーザ数だけ見ても、
こういう内訳はわからない。
なので、「訪問回数」も分かる解析ツールが必須です。

どんなキーワードで検索してたどりついたか、ってのも重要です。

まあ、集客ってのは、ビジネスとして考えれば、「売りたいもの」
と裏腹で、公式の一因数なんてものに収まりきらないほど重要なわけですが、

ビジネスノウハウ系情報商材アフィリエイトの場合が、

一番この「誰に(どんな客に)」ってのが、わかりにくい。

属性決めにくい。即金狙ってる人wとか、ネットで収入を得たい、稼ぎたい、って人?

これ、一番抽象的なんだよねw

宝くじでも買えば?ってとこまで含まれるから。

年末ジャンボ買った人、いらっしゃると思いますが、
あれの購入者属性って、特定できます?


それに近いものが、あったりするわけで。

って、各論入っていくと、やったら長くなりそうなのでw、

3項それぞれ各論やるとして、

この公式の別の使い道を、ざくっと見て、今回はお茶を濁すことにw

a.アクセス数×b.成約率×c.単価

a.はまあわかりやすい。作業としては検索エンジン対策。コメント廻りなんかも。

mixiなどSNSの活用とか、メディアミックスでアクセスを流すって工夫も大きいです。

b.はねえ、ややこしいw

もう一つ、反応率ってえのを手前にかませるべきなので。

クリック率でもいいですけど。

販売ページに何人誘導できたか、ってのが反応率としておきましょう。

これ、記事、エントリの内容の力が、まあ大きいので、
作業としてはライティング

c.は仕入れのセンス。薄利多売で本数稼ぐか、じっくり高額報酬の商品を
売り続けるか、そういう選択とミックス戦略の話。

報酬率が高けりゃいいってもんでもないですし。

売りのタイミングもあるし。

で、たとえば、あなたのブログ、サイトに1日1000アクセスあるのに1個も成約しない。

この場合は、b,成約率を上げるために、コンテンツの見直しを最優先すべきとか、

100アクセスで1個、成約した成果があるなら、

a.アクセスを増やす作業を優先的にやってみるとか。

c.単価の、もっと高い、報酬率の高い商品を加えるような仕入れをしてみるとか。

そういう作業段取り、作業の優先順位を決めていく目安にも、
この公式は使えます。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます