ほったらかしアホリエイト2の「ブログ」と「html」って、なんなのさ? - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

ほったらかしアホリエイト2の「ブログ」と「html」って、なんなのさ?

ほったらかしアホリエイト2

をよく読みなおしてみたら、
「html化」ってことばは使われてませんでした。

別の商材のセールスレターで見かけたことばでした。

それに比べれば、アホリエイトの述べ方は、ずいぶん
まともなものです。

しかし、やっぱり「なんのさ?」ってこだわるのは、
ブログからサイトへとか、ブログが「排除」される
なんて、バカバカしい煽りが最近、かなり目につくからです。

まず、ブログの「不安定さ」ということについては、
無料レンタルブログであるかぎり、
ブログサービス会社の一存で、いつ運用停止になっても
文句が言えないこと、規約違反でID削除になることも含めて。

つまり「削除」の可能性は、つねにあるという意味で
自前のサーバ上で運営するウェブサイトに比べて不安定。

これは当然のこと。間借り、賃貸の部屋、家が大家さんの
胸先三寸に任せられているのと同じこと。

つまり無料レンタルブログシステム上のブログには「削除」
されるというリスクがある。だから、バックアップはしっかりね。

これはいいです。

最近言われてる検索エンジンがブログを「排除」する?という話。

これはもう、ほんとおかしな言い方で、アタマ悪杉w

名指しで攻撃してもいいんだけど、
それもマーケティング手法の一つでもあるしね。
でも、まあそこまでするのは、今のところはよしておきますがね。

検索エンジンがクロールしてる先のページが、
ブログか、ブログ以外のウェブページかを
識別できるわけがない!、からです。

どっちも同じ、HTML、もしくはXHTMLで書かれてますから。

検索結果ページから「ブログを除く」というオプションは、
人為的なものであって、ドメイン名でソートされているだけのこと。

アホリエイト2にも書かれている、

ブログは、検索エンジンにインデックスされるのが、
早いというメリットがありますが、
検索エンジンの順位の変動が、激しく、いきなり、上位表示されたかと思うと、
また、圏外にいなくなったりすることが、頻繁にあります。
その点、HTMLサイトは、ブログに比べて、
検索エンジンにインデックスされにくいですが、
一度、上位にあがると、ブログほど、順位の変動がなく、安定しています。



これが、現時点でのまったく正しい認識(なぜ「変動」するかはいろいろあるけど)。

ブログを「検索エンジンが排除する」なんてことは、ありえないです
寝言は寝て言ってくださいね。

大家に追い出されるリスクだけは意識しておきたいですが。

MTは、分譲マンションを自分で買って、そこでブログを運営するので、
「削除」のリスクはないというだけのこと。

しかも、ブログサービスのドメインがない分、fc2.com/などのドメインへの
評価がないので、いわゆるホムペと同様に、インデックスはされにくい。

といったことを一応知ったうえで、いろいろ使って
リスク分散するという意識は大切ですよ。

でも、最近の「ブログよ、さらば」なんてキャッチは
煽りに過ぎんのです
(あ、「賢威」本体を攻撃してるわけじゃないですよw いやマジで)。

上に書いた程度のITリテラシー、ネットリテラシーくらいは
「常識」としてもっといたほうがいいかと。

で、「パソコンど素人」をいいことに、
無知に付け込むような煽りをしてる人ら、
ネットから消えてねw

システムとかエンジニアリングにちょっとでもかする仕事を
してる者として恥ずかしいでしょ。

だから言うんなら、ブログ排除じゃなくて、
特定の「ドメイン排除」とか、日本語は正しく使ってほしい。

あるマンションの住人の一人が、変なことをしたばっかりに
そのマンションの住人全員が変人扱いされるってのが、
ドメイン排除で、これは人為的なものです。

まあ、統計的に、どこのマンションの住人がクソのような
ブログ作ったり、スパムメールしてるかってのは、監視されたりしてるわけで、
統計アンド登録程度まではシステム自動化されてるとしてもね。

ここ、検索エンジン関係ないですから。

ブラウザの「ソースを表示」で、ここのページと
たとえば、Yahoo!で何か検索したときの結果表示ページをソース表示してみてください。
同じものが見えますから(但し用もないのにソース表示はあまりしないでね。
恥ずかしいし、勝手に人のウチ覗き見してるようなものだからねw)。

自分の手でコード打ち込みをしろとまでは言わないけど、
ブログもホームページも、ウェブサイト、どっちもhtml、xhtmlで書かれてる
ってことくらい「常識」であってほしい。

で、それでもやっぱりホームページ、ウェブページを、って言うのは
ビジネスとして、継続的に稼ぐことを目指した場合は当然でしょって
ことで。事務所は間借りでもいいけど、サーバーは自前を目指そうって
いう話であって。

ブログはそこでも、更新頻度を上げて、
検索エンジンにインデックスしてもらいやすいように活躍するわけで。
「なんとか社長の日記」とかが、
大手のウェブサイトにもリンクされてたりするのは、
そういうSEOだったりもするわけで。

だから、しっかりネットビジネスを目指すなら、
一回はコーディングレベルも自分の手で体験しといた方がいいです。
外注したり、スタッフ使ったりするためにもね。

ウェブページ(ホームページ)を自分で作るときのテーブルレイアウトとか、
それをcssで置き換える必要性とか、いろいろ知っといたほうが、
キャッシュポイントを増やしたいとき役立ちます。

たとえば、アホリエイト2は、
メインサイトをhtmlで作ってサーバにアップすることを推奨していて、
そのためのhtmlファイルも、付いて来る。

で、それを自分なりいじって、自分なりに工夫したいってときに、
そういう知識はめっちゃ役立つわけで。

楽しいし。仕組みがわかると、応用できるし。
稼ぐ仕組みは、IT、インターネットというシステムの仕組みの上に
のっかってるわけで、アホリエイトはアホゆえにw、
その仕組みを知る入り口にもなっていると
商人は思うです。

PS.
「仕組み」としてはもう一つ、
インターネット登場以前から、
歴史的に培われてきた「売り買い」の仕組み
っていうものが、あるのは言うまでもないです。

ネット以前から行われて、うまくいっていた売りの技を
ネット上でどう生かせるかってことを、ちょっとは考えとかないと。
ただそれって、単にPCに強くなるとか、IT技術を理解するとか、
そういうこととはちょっと違うことなので。

どう違うのかが、分かればいいんですけどね。

ま、いろいろテストしていくしかないんじゃないかと。

最近リリースされた、ネットビジネスに特化したPC動画講座は、
そういう「工夫」をしながら、キャッシュポイントを作る試みを、
進めていこうとするときに、頼りになる、
画期的な教材です。



コピー&ペイストもおぼつかない人のための初級編から、
メルマガ解除リンクの置き方、JavaScriptの外部ファイル化など、
ハックレベルの技術までカバーされた、
マジ、「ネットビジネスに特化した」ITスキル講座は初だと思う。

ホムペ作りの基礎、テーブルレイアウトの基本なども、なるほど、
動画なら、あれだけ瞬時に理解できるのだと
あらためて感動しましたよ。

関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

こんばんは
はじめまして、かっきんです


これから、ちょくちょく訪問させて頂きます。
よろしくです^^


応援!!
また来ます

2008-03-30 17:06 from かっきん★ばりばりアフィリ

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます