アフィリエイト新時代の画期的「仕組み」誕生!PLC開講までに、やっておきたいこと。 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

アフィリエイト新時代の画期的「仕組み」誕生!PLC開講までに、やっておきたいこと。

PLC「PPCリストマーケティングCLUB」資産形成型PPCアフィリエイト

に、すべり込みセーフで入会できた方、

おめでとうございます^^

まだの方。まだ、いまなら間に合うかも・・・)注1

この塾というか、クラブには、月会費もなく、

言わば買いきりの教材やツールと同じで、

決済してしまえば、それっきりってこともなきにしもあらずw 

入会者のほうが、何もしない場合w

他の教材やツールでも、サポートやフォーラムがあるのに、

これ、一度も活用しないって人もかなりいるらしいので。

どころか、ブックを読みもしない人もいるらしい。

なので塾形式、会員制形式ってことになるとなおのこと、

本人がアクセスする、コミットメントしないかぎり、なーんにも起きようがない。

塾形式の性格を持つとは言っても、義務教育の学校や、
予備校とかとは違うんで、

別にそれっきりでも、何も問題はない、商取引は完了している(爆

長欠の子を、担任が家庭訪問するなんてことも、ない。

これはまあ、いろんなショッピングにも共通してることで、

特に本なんかは、買うだけで満足することも多い。

それは、それでいいんだけどね。ただ、本であっても、

エンタメ系は「消費」かもしれないけど、「投資」の対象としての本もあるしね。

読んで、自分のものにして、使って、何かを得るための本ね。

情報商材ってのは、ほとんどがこの「投資」の対象だと思うんだけど。

とりあえず、入会できて満足って、
その満足感にひたるのも大切なことではある。

これを手にしたいと思って購入した後の幸福感は、

これ、生きてることそのものでもあるしw

ショッピングの楽しみって、バカにならない。生きていくうえで。

インプットとアウトプットの関係、
バランスってことにも触れる必要があるかもしれない。

だんだん何を書いているのか、わからなくなって来た(爆)

そう、やっておくべき、ことね。PLC開講までに。

まずは、PLC「PPCリストマーケティングCLUB」の、

二つのプレセミナーみたいな動画が配布されると思うので、

それはしっかり見ておこう。

並行して、これは、

残念にも今回入会できなかった人のためにも書いておきますが、

(PPC広告でPLCがやろうとしていることは、実は自力でもできることなんで。

ただ、時間はかかる。もういつ終わるのかわかったもんじゃないくらいにw)

だから、こういうクラブに入るとか、教材購入するってのは、

時間投資以外の何者でもないってことが良く分かる。

商人は、AQUAS+PPC広告が出まくり始めたころ、

もっと違う、旨いやり方はないかと考えてたのね。

なかなかでも、アタマのなかが整理できずにいた。

そうしてる間に、募集が始まったわけ。

で、速攻入会。それまでの思考は、ピタリ止まりましたw

もう、託しちゃったんだね。気持ち的に。

でも、しばらくはいいけど、そのままじゃいけない。

まず、無料レポートにも、PPC関係のいいものは見つかるので、

これは読んでおきたい(開講までに紹介もします。読みながら)。

本屋さんにも、PPC関連の、使える本はかなりあるし。

で、実戦してみる。PPC広告を出稿してみる。

儲からなくてもいいから、損しない程度にw

それから、これは人によって違うと思うけど、

商人なら、サイトアフィリエイトとの連動の仕方を考える。

ここまで来たら、PPC出稿の前工程、中工程、後工程

使えるツールを見つくろっておきたい。

PLCの場合は、さらにリストマーケティングの手法

関連ツールの研究も必要になるね。

(PLCでは、そのなかでも肝になるツールは、提供されるはずですが)

こうやって書いてみると、やっぱ、

リストマーケってステップが一枚かむだけで、

ほんとこれ、自分で商材を開発する工程と、

ほとんど同じことになってることに気づかされる。

完璧ビジネスアタマになれるw

どこで勝負するか、マーケットを選ぶ。そこでどんな商品にするか考える。

ビッグなのか、ニッチなのか。

このへんで、たぶん永山崇の『プロファイリング』が使える。

特にあの、ブレイクダウンの手法ね。

みんな永山さん商材のこと色々言うけど、

商人は、あのブレイクダウンしか、

手法としてみるべきものはないと思っている。

手法としては、ね。

とは言え、さすがに、

強烈な魂、マインドに支えられた手法なんで、

バックエンド商品から→PPC広告へと、

ぶれない軸が貫かれた運用姿勢で、仕事を進めていくってとこは、やっぱ注目。
それが広告予算管理のレベルまで、降りて効いてくる。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングからすれば、PPC広告は、

マーケティングというより、テイスティングとして位置づけられている。

第2作の『アレキサンドリア』は、

インフォビジネスとリアルビジネスを、両方包み込む、

マーケティング論が軸。少々の予算オーバーや、収入の変動に動じない、

戦略思考が学べる。『プロファイリング』を俯瞰するって感じです。

PLCをきっかけにこの際、マーケティング戦略(手法の上にある)

の視点も持ってしまおうという方は、

余裕があればでいいので、ぜひ一読をお勧めします。

ちょっとこれ、このまま書き続けると、

マニュアル一冊分の分量になりそうなのでw

続きは、またこんど。

あ、そうそう。

PLCの凄さは、PPC広告にリストマーケティング(手法)をかませたこと。

このアイデアは凄い。で、その凄さのせいで、

ネットビジネスのすべてと言っていい手法、考え方、マインドetc,

が、わーって大集合してくる感じ。そういう仕組み、プログラムがPLCなんだと、

それが言いたかった。


リストマーケティング手法についての、

これまでの商材、教材のなかでは、

作者ご本人もPLCに参加される、

大須賀さんの『リレーションアフィリ』が良い。

これ、PPC広告「以外」の話は、ほぼ網羅されている。


てな感じで、ステップメールはあれ、ツールはあれって、

あれこれととっちらかっちゃった(笑)ノウハウを、

一気に総合して使いこなして稼ぐ、きっかけにもなるのが、PLCと。

あ、あと意外かも知れないけど、

SEOのことも考えておくのが、鉄壁と思う。
『たった43ページの本物SEOマニュアル』

(続く)


PS.

開講までに「しておきたいこと」関連記事内の、

ノウハウ書、ツールなどなどを、

情報商材解体工場からお買いあげの購入者様には、

PLCご購入者特典と、同じ特典をプレゼントさせていただきます。

期間は、開講当日までとさせていただきます。

開講予定日:6月10日(火)大安

【関連記事】
「PPCリストマーケティングCLUB」資産形成型PPCアフィリエイト:レビュー+入会者特典追加!

注1

29日に締め切られるのは、全体で200名募集のうち、先着価格で参加できる限定募集30名分。第二期?募集も行われると思いますが、時期は未定。


PPS.

PLC「PPCリストマーケティングCLUB」を、アフィリエイトしたい方は、
松宮さんの仁鬼流☆アフィリエイト AffiliateCenterへ。

関連記事

コメント
非公開コメント

シモンさん。いつも
ありがとうございます。


PPCで集めたリストに
情報商材アフィリが
楽しみです。応援!

2008-05-31 17:19 from かっちゃん@PLC入会済

砂漠の商人さん

こんばんは! まさやんです☆

いつもご訪問&コメント
ありがとうございます!!

PLCは、
実に楽しみなアフィリエイトですね!


応援です☆

2008-05-31 22:35 from まさやん@ネットで稼ぐ!幸せアフィリエイト術

こんばんは。鷹師範です。

PPCにリストマーケティング。

タダではクリックさせないぞ。
て感じですねw

内容の濃いものになりそうですね。

応援!!!!

2008-06-01 04:25 from 情報商材アフィリ道場 鷹 師範 | Edit

イオです。

いつもありがとうございます。


PLC的には、
PPCは集客手段なだけかもしれませんね。

ようは資産となるリストを集め、
効率よく稼ぐ方法が学べるんだと思います。
楽しみです。


ではまた来ます。応援♪

2008-06-01 11:13 from イオ@報酬額300万突破!

こんにちは。
ゼミへのコメントありがとうございました。

> ゼミには参加できなくて、
> 失礼しました。
>
> DVD、期待してまっす。

了解です^-^

ちなみに、ゼミはメールゼミですので、
いつでも参加OKですよ~。

2008-06-01 14:05 from ブログアフィ成功ゼミ@講師

こんにちは!

サト愛です。

PLCも人気ですね
わたしは、入会しなかったけれど^^
入会された方は、しっかり
実践されたほうがいいですよね~^^
PPCも楽しいですね~~

応援します!ぽち^^

2008-06-02 15:09 from サト愛☆愛でいっぱいのお金持ち

トラックバック
Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます