蟹工船ですか?えっ?違いますよ、情報商材解体工場は(笑):PLC予備校 第1講 - ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場

蟹工船ですか?えっ?違いますよ、情報商材解体工場は(笑):PLC予備校 第1講

蟹工船ですか?えっ?違いますよ、情報商材解体工場SEO解体工場は(笑)

まあ、労働って何?ってことをたまに、考えさせられることがあるって点では、

やってること、カスルところがあるかもしれないです。

蟹工船 今年20万部超す ワーキングプア問題で社会現象(毎日新聞) - Yahoo!ニュース



これ聞いた話なので、事実かどうか知らないですが、

昔、ヤフオクに出た詐欺商品で、「月10万円、誰でも確実に稼ぐ方法」とかってのがあって、

中身は、ハローワークのご案内だったとか(爆)。

要は、「確実な収入がほしけりゃ、働けよ!」ってことしか書いてなかったらしいw

働くってのは、ほんとはとっても広い意味の言葉で、「ワークする」なんて言った日には、

それこそ、使い捨てライターの火がつくかつかないかまでwork、not workになるんで。

川島 和正著『働かないで年収5160万円稼ぐ方法』の、このタイトルなんか、
その言葉の広さを逆手に取ったトリックで、

ひっかかった人が多かったみたい(商人はこの本、まーったく評価してない。こんな本、ビジネス書コーナーで売るなよ、恥ずかしい。あ、この本読んでアフィリエイト始めた人がいたらゴメンナサイ。きっかけを作った、アフィリエイト参入の間口を広げた本ってことは認めます。商人が言ってるのは、ちょっと別の意味なんで、読者に罪はありません)。

要するに、日本語で「働く」というと、会社勤めをしたり、アルバイトをしたりしてお金を稼ぐことしか、

意味しない。そうなってるから。

サラリーマンしてない=働いてない、ってそういうレベルなわけ、この国は。

思いっきり単純化して言えばね。

なので、蟹工船ではないけど、情報商材解体工場SEO解体工場も、働いています、ワークしてますw

額に汗して、働くではないけど、ブログやサイトをこさえて、記事更新して、

商品を紹介してって、あなたもやってるかも知れない作業は労働です。

世の中的に「問題」にされるとすれば、立派な仕事かどうかってのはあるんだろうね。

楽な仕事ってのは、あまり尊敬されなかったりする(笑)。

で、その真逆を張って、「不労収入」とか「不労所得」が、

憧れのwって感じで、セールスコピーに使われたりするわけ。

これ、労働概念が成熟してないから、そうなるだけなのね。

あれ、別にあこがれたり、目指したりするもんじゃないよね。

てか、不労で不労所得を得るなんて、そもそも不可能だから。

会計の用語に過ぎないですから。

アフィリエイトを真面目にやってる人

は、こんなこと痛いほど分かってることだと思うけど、

そこを突いて、煽るバカ商材もフツーにあるよね。

アフィリエイトにもそういうのがいるから困ったもんだ。

某有名な某Keなんちゃらって人は、いまだに、

「アフィリエイトより、情報起業のほうが楽に儲かる」

なんてことを書いている。

消す気配なし(爆)。

比較するようなもんじゃないのにね。

下手したら、起業はアフィリエイトより、もっと働かなきゃいけない。

不労なんてもんじゃない。

ただし、いったんタメを作って、がんばれば、作ったものが働いてくれる、

ってのはある。作った人が働かなくても作ったものが、お金を持って来てくれる。

商人が得意な業界で言うと、出版物の印税がそう。

「労働不収入」の期間を経て、作品仕上げて、出版されて、

増刷された暁には、「不労収入」として刷り増し分の印税が入る。

でもね、作り手は不労収入を目指してなんかいない。

作家とかの例を見ればわかるよね。

どんどん作品を書き続けている。売れる作家はね。

どんどん書かないと、収入が・・・って場合もあるけどねw

PLCで言えば、あの驚くべき集客手法を、最大限生かすには、

自分の商品を持ったほうがいいってことは言えます。

自分でワークして、こさえた商品をバックエンドにすれば、

今度は、その商品がワークして収入をもたらしてくれる、

そういう絵図を描いて実践スタート切れるというのも、

これまでなかったPLCの特長です。

だから参加者に、自作商品を持ってる人が含まれるんだろうね。

これまでの稼ぐ系、ビジネス系情報商材では、考えられなかったことです。

だからといって、自社商品がないから、PLCは使えないなんてことはもちろんないです。

持ってない人も、そういう設計図を書いて参入できるってことが重要。

当面は、アフィリエイトを強化すればいいだけのことだから。

で、制作→発売→販促→売上げ→投資

このサイクルを廻すことについては、ネットもリアルも同じ。

アフィリエイトってのは、販促に属することなんで、

このサイクル全体を意識できてれば、アフィリエイトも強力になるってこと。

ネットビジネスの全体観っていうのも、一つはこのサイクルを掴むってこと。

それが出来るのがPLCってこと。アフィリエイトから入って、それも出来る

ってのは、これまであまりなかったね。

このへんで、商人が近いなと判断したのは、

望月さんの

『2300本突破!望月流 すごい情報起業』
それから、バックエンド商品を考えるうえで役立つのが、

『J式PPCアフィリエイト 』の監修者でもある新田法継さん作『eBookSecret第3市場』。

これ、値上げされちゃったけど、最初は3千円台で買えた。

作者は、

不労所得ってことについても、きちんと冷静に押さえている人。

煽りじゃなくね。

低価格でかつ良質のバックエンド商品を企画するときに

役立つマニュアルです。

フロントかバックエンドかってのは、ちょっと考えどころなので。

あんまし、つっこまないでねw

要は価格政策ってことなので。

(続き)PSは、ちょっと小難しいこと書いてるので、読まなくていいです^^

今日や明日の稼ぎには、影響ありませんのでw

PS.

「情報起業」という商材カテゴリがありますよね。

PLCは、どこに入ると思います?

まあ、つじまろさんの「PPCマーケティング」は、アフィリエイトに入ってますが、

PLCは、現在独自決済アフィリエイト(Paypalと銀行振り込み)なので、一般ASPでは当然、

まだカテゴライズされてません。でも、「資産形成型PPCアフィリエイト」の

「資産形成」ってとこに重きおいて読むと、けっこう「起業」寄りですよね。

バックエンド-フロントエンドって手法も出てくるし。

自分の商品を提供したくなる。それもOKですよってオプションついてるし。

「起業」という言葉はけっこうデカイので、

そのカテゴリに入ってる商材扱うときって、

それで本当に起業できるんかい?

とか、起業してから、つまり自分で商材作ってからレビューしろや、

って声が聞こえてくることあるんですけどw

そりゃ違うでしょ。

アフィリエイトは「販促」なので。

かつ、起業カテゴリの商材も、商材の作り方、売り方まできっちり書いてあれば、

それでOK。だって、「起業の再現性」なんて確認してたら、いったい何年かかると思う?

粗製乱造を進めるクソ商材は別としてね。

さらに、価格の問題も。

リアルビジネスのベンチャー企業塾なんて、いくらすると思います?

塾でなくても、MBA取得するための大学院2年間で、学費いくらかかると思います?

入学金:282000円 授業料(年額):535800円 合計初年度費用:817800円

これ一橋の最新の学費。1年で約82万円。とりあえず収めなきゃいけないお金、

(試験受かったらねw)28万2千円。

よほどのハッタリ詐欺商材でないかぎり、2万円までなら、許容範囲です。

もうめんどくさいんで、起業の定義をここで片付けます。

制作(商品開発)→発売→販促→売上げ→投資

のサイクルが回っていること。

そこに金額の大小は別として、

キャッシュフロー、つまりお金が流れていること。

流れが、太いか、細いかは問わない。

そういう仕組みを使って、何人かの人間が、しっかり食えてれば、

それが起業。(赤字出して借金抱えても、この仕組みを作ってれば、起業)

これが成立してれば、「起業」してることになります。

だからアフィリエイトでも、その売上げで、なんらかの事業を回していれば、

やっぱ起業。

だいたい、年間売り上げ数千万から1億円程度で、

リアルビジネスの起業と比較するセンスがおかしいw

売上げ額的には、小事業ですよ。情報起業は。

スモールビジネス。それでいいんです。

他のリアルビジネスなりを展開していく準備ってのはあるだろうけど。

コンサルとかね。

一人でもなんとか出来るというのは、

まあリアルビジネスではあまりないメリットでもある。

会社つぶして、従業員を路頭に迷わせるって、そりゃとっても

きついことだから。

まあ、言葉遣いの問題も大きいと思う。キャッチコピーとして安易に使われすぎ。

リアルビジネスでの「起業」は、

ある事業を回転させていくための装置として、

会社を設立することが必要条件です。

資本がないと開発・販売できない一大プロジェクトと思えばいい。

一方で、

個人事業でも、儲かると、節税対策上、法人成りを勧められることが多い。

情報起業の場合は、どっちかというと後者の事情で会社にすることになった場合が多い。

どっちだっていい。でも、

「月100万稼ぐ情報起業の秘密」w

とかってのは、日本語としてちょっとヘン。

「月100万稼ぐ情報販売の秘密」、

なら、まあアクセプトできる。

もしくは、「月100万稼ぐ情報商売」の秘密。

なぜかというと、起業ってのは、世間一般には、

会社を作るのが大前提。会社組織でないと、やれない業を起こすことだから。

だから、「稼ぎ」がドアタマに来るのは、ちょっとヘンw

かつ、月100万って、月給レベルの発想が変w

きょうびそうたくさんはいないだろうけど、

月収100万程度のサラリーマンは、いるし、

日本の首相の月収が確か200万くらい。

日産の取締役には、月1000万の人もいるらしいし。

まあ、大したことないわけですよw

要するに、「起業」って考えるときに、

月づき自分が、いくら儲かるかってとこから発想するのは、チョーありえない話なわけw

それってもろ、家計簿レベルじゃんw

そこが胡散臭いって言われるとこで。リアルビジネスマンから見てね。

デカク出たところで、せいぜいが1億でしょ。

こんなの起業じゃないよwって言われますよ。

まあ、印税収入1億突破!とかなら、まだ飲み込めるんだけど。

情報を売って、年間1億売り上げましたって、素直に言えばいいじゃん。

「起業」なんて言葉使うから、胡散臭さが増すんじゃないの?

キャッチコピーですから、そんなに目くじら立てんでも、って?

いや、そこをキャッチにしちゃやっぱマズイですよ。

せいぜいが「作者」でいいですよ。

ノウハウに磨きを掛けて、それを私以外の多くの人にも使ってもらえる方法として公開しました。

って、それでいいわけ。その方法の「作者」ってことでね。

起業するかどうかは、その先の話であって。

だから目標にするのはいいですよ。

だけど、商材作者をすべて猫も杓子も「情報起業家」と呼ぶのは、

いかがなものかと。

1000円の商材売って、これであなたも「情報起業家」!って

そりゃ、自分で自分の首絞めてるようなもんだよ。

世の中からバカにされますよ。こんな日本語平気で使ってたらね。

「情報販売で得た収入を原資にして、それを投資して起業しました」ってのが、

情報起業の定義です(但しこれ、情報商材解体工場SEO解体工場以外では通用しない、今のところw)。

ただ、アフィリエイトから出発して、会社を興した実例はある。

サト愛さんは、オンリーワンアフィリエイト発売と同時に、

会社起こしてますよね。これからどんな事業展開されるのかは分からないですけど。

株式会社です。

だから、逆に、1万、2万でガタガタ言うんじゃないって言いたいわけでもあるw

もっと身近のこと言っておくと、

足を使って営業して、原稿を書かせてくれる出版社とかに売り込みをかけて、

連載原稿とか書かせてもらって、その原稿料から営業経費を捻出して、

また営業してってプロセスが成立してれば、これも起業って呼んであげよう。

独立開業ってやつね。

ライターさんは以前に比べて、キツイって言われてますが、

そのプロセスのビジネスオーナーだから。

誰かに雇われてるわけじゃないので。それでメシが食えてるって意味で、

その意味じゃ起業と呼んであげても、まあバチは当たらないですよ。

とにかく、起業ってナニかと誤解されやすい言葉なんで、グタグタ言うより、

「情報起業」カテゴリあらため「情報販売」とかにカテゴリ名変更するのが、

手っ取り早いかもw

それでもね、「小説の書き方」って本読んだ人が、

全員、小説家になれるんかい?って問題は、残る、

かも知れないですけどw

商人は、それ問題じゃないと思ってますけど。

たとえば、こういう塾、

小説 ノベルズ マンガ原作 シナリオ書くなら『語り部塾』
http://kataribejuku.jp/

てのがあるんだけど、ここの塾生が、

プロとしてデビューできなかったからと言って、

カネ返せ!って怒鳴り込むと思う?

商材作成マニュアルも、そこまで面倒見切れない、

マニュアルとしての限界がある。

サポートのないマニュアルまでのものはなおさら。

だから、そういうものだと、認識って購入するだろうし、

サポート以上に、制作から販売までフォローする塾に近い

方式を持つ会員制の場合でも、やっぱ学校の限界ってものはあるわけで。

その限界を超えるようなものを、ないものねだりに振りかざして、

どうのこうの言うのは、そりゃもうレビューの範囲を超えてるって。

PPS.

独自決済システムに使えるPayPalですが、いまいち使い勝手が悪かったする。自社商品・サービス販売の体験にもづいてほしい機能を加えるプログラムが開発されています。


【200本限定特価】クレジットカード決済の簡単導入システム「ペイメントES」PayPal(ペイパル)機能拡張!
関連記事

コメント
非公開コメント

砂漠の商人さん

こんばんは! まさやんです☆

いつもご訪問&あたたかいコメント
ありがとうございます!!


実に興味深い記事、勉強になりました!

リアルの仕事と情報商材の市場を見事に
書かれてますね^^


しかし「PLC」は、
やはりとんでもなくスゴイですね!


私も、楽しみです^^



また来ますね♪


応援です☆


2008-06-02 22:24 from まさやん@ネットで稼ぐ!幸せアフィリエイト術

シモンさん。いつも
ありがとうございます。


ネットのオシゴトも
不労ではありませんね。
不労どころか、細かい作業続きで
PC詳しくない方には壁に
当たりっぱなしでは
ないでしょうか。


時間は好きに使えますがね。
応援済み また伺います。

2008-06-03 12:25 from かっちゃん@PLC入会済

トラックバック

J式PPCアフィリエイト についてのブログでの評判は

J式PPCアフィリエイト の紹介、ブログ検索による口コミ・評判…

2008-09-01 22:06 from 人気情報商材口コミレビュー

Copyright © ネットショップで資産を作る「仕組み」の研究と実践|SEO解体工場 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます